お問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ
トップ > 森鷗外について

森鷗外について

森鷗外について 森鷗外について

森鷗外と水月ホテル

森鷗外について

森鷗外は、「舞姫」「雁」「阿部一族」「高瀬舟」など、今も読み継がれる数々の名作を生み出した明治の文豪。幕末の津和野藩に御典医の息子として生まれた鷗外は、幼少時代から学業優秀、神童と呼ばれて育ちます。19歳8カ月という若さで東大医学部を卒業、陸軍軍医となり、ドイツへ留学します。帰国後、28歳の時に、海軍中将赤松則良の長女登志子と結婚し、上野花園町の赤松家の持家に住みます。それが当ホテル所有の鷗外荘。ここで「舞姫」をはじめ、「うたかたの記」「於母影」などの作品が執筆されました。

明治の浪漫が薫る「鷗外荘」

鷗外荘

かつて鷗外が「舞姫」を執筆した日本間を「舞姫の間」と名付け、現在はお食事処、宴会場、コンサート会場として、皆様にご利用いただいております。庭には、当時から残る樹齢300年の榧の木や、200年以上の黒金もちの木もあり、当時の鷗外の暮らしをしのぶことができます。2002年に復元した玄関もぜひご覧になってください。まるで、鷗外がその場に佇んでいるかのような明治の雰囲気漂う玄関です。

於母影

鴎外荘の中には、少人数でご利用いただける特別室もございます。於母影は、文学サロンの趣を今に残す優雅なダイニング。12名様までご利用いただけます。粋な坪庭を眺めながら、ご家族やお友達と和やかな時間をお過ごしください。

蔵の間

土蔵造りの書斎風のお部屋。柱や梁の木目をそのまま活かした日本の伝統的構法に、洋風のテーブルや椅子を合わせたインテリアは、文明開化の香り漂うモダンな雰囲気。6名様までご利用いただけます。日常を忘れてを明治の浪漫を満喫ください。

「ふたつの文学碑」で鷗外を偲ぶ

ふたつの文学碑

鷗外荘のある中庭には、森鷗外文学発祥の地を記念して建立した、「舞姫の碑」「於母の碑」、ふたつの文学碑があります。碑文は、どちらも鷗外のご子息故森類氏と鷗外研究の第一人者長谷川泉氏のご協力で、題字、署名、本文を鷗外直筆の原稿から写しとりました。鷗外の偉大な足跡に思いを馳せてみてはいかがでしょう。

  • お問い合わせはこちら
  • プランの予約はこちら
お問い合わせはこちらプランの予約はこちら
メールマガジンプラン一覧お得なプランビジネスプランファミリープラングループ団体プラン日帰りプラン会食プラン森鷗外と鷗外荘 旅の発見 株式会社農協観光 沙羅の木
ページ先頭へ戻る
水月ホテル鷗外荘 トップお問い合わせはこちら

〒110-0008
東京都台東区池之端3丁目3-21 TEL 03-3822-4611 フリーダイアル 0120-266-266  FAX 03-3823-4340